オシャレなちゃぶ台を置いてみよう|部屋がシックになる

インテリア

多種多様な使用用途

ちゃぶ台には丸型な角型、小さい型の豆型などがあります。主に、食卓で使用したり、インテリア用、軽食を楽しむ為のものなど、使用用途は人それぞれです。また木目を重視する場合は、塗装が薄めのものが選ばれ、艶やかな雰囲気を重視する場合は、塗装の濃い物が選ばれる傾向にあります。

ちゃぶ台

インテリアを楽しもう

ちゃぶ台は、和風だけでなく、北欧風や東南アジア風など、色々なテイストのインテリアに合わせられる家具です。また、折り畳み収納ができるため、必要時だけ出せるインテリアを邪魔しないためのアイテムとしても使えます。そして、ちゃぶ台を購入する際は、新品だけでなくアンティーク品も豊富に探せるのも魅力です。

アンティークな家具の設置

室内

選ぶ際のポイント

ちゃぶ台というと丸い形が定番ですが、実際に使われることが多かったのは四角形のものです。理由としては日本の家にある部屋は方形造りになっており、角のあるちゃぶ台はそこへ丁度良く収まるところが魅力だからでしょう。このようなちゃぶ台は人気のあるアンティーク家具として注目されており、そのレトロな雰囲気に惹かれる人が多くいます。一口にアンティークちゃぶ台と言っても丸い形や四角い形であったり、脚の形や素材に違いがあったりと種類があります。どれが良いかは好みや利用する場所などにも左右されるため人によって違うでしょう。選定の基準とするならば用途や部屋の広さに合わせることを基礎とし、最適な大きさや高さのものを見つけることが大切です。いくら素材やデザインが気に入っているものであっても利用目的や使う人にとって合致しないのであれば、ちゃぶ台を使用する機会がなくなるかもしれません。それでは手に入れた意味がないので、使えるかどうか見定めることは重要です。これ以外の細かな選択ポイントとしては素材の違いにも着目してみましょう。アンティークちゃぶ台には主に木目がはっきりしているものとその主張が控えめなものの二種類の質感があります。自分好みのものを選ぶも良し、設置場所の雰囲気に合わせたものを選ぶも良しです。アンティークちゃぶ台を購入する前にはその使用目的や置き場所の広さやコーディネートについて確認し、自分の趣向に合った質感のものを選びましょう。そうすることで、最も自分好みのものを見つけることができます。

部屋

家具を生かしたインテリア

ちゃぶ台は、簡単に和の空間を実現出来るアイテムとして人気がある家具です。雰囲気を左右するパワーがあり、古い品は、アンティーク品として評価されています。和室ブームの影響もあり、一般家庭や飲食店などでも導入事例が増えています。