オシャレなちゃぶ台を置いてみよう|部屋がシックになる

多種多様な使用用途

インテリア

好みに合わせた選択

ちゃぶ台は一般的な認識では、丸型のものを想像しますが、様々な種類の物があり、使用者の考え方によって用途もそれぞれです。丸型のちゃぶ台の特徴は、食事の際、多くの人数であっても、座りやすいです。またどのか角度からでも、お料理に手を伸ばしやすいという特徴があります。 レトロの要素を室内に取り入れたい時にも、丸型のちゃぶ台が選ばれる事があります。ちゃぶ台には角型のものがあり、昔の家庭では、丸型のものより、無駄なスペースを作らずに済む事から、普及率が高かったと言われています。現在でも、1人暮らしで、1つの部屋を多目的で使用しなければならない場合などでは、角型のちゃぶ台が重宝されているそうです。次に、豆ちゃぶ台と言われているものがあり、普通のちゃぶ台よりも、小さいサイズのものがあります。インテリアや花を飾るなど、装飾用に使用されたり、コーヒーやお酒などを楽しむためのちょっとしたテーブルにするなど、用途があります。ちゃぶ台は、昔から床で食事を食べるときに使用されていましたので、基本的には高さを低くしたものが一般的です。ただ、現在は生活スタイルが欧米化になってきているので、椅子の高さに合わせた、高めのタイプの物も普及して来ています。その他、本来の木の雰囲気を重視する場合は、塗装が少なめのタイプのものがあります。逆に、塗装の艶やかな感じが好みである場合は、木目の目立たない塗装の濃いものが選ばれる傾向にあります。